夏休み突入でぇ~す!

非技術ブログ

0805

日記.


昼過ぎに目覚める.昨晩なにも食べずにストロングゼロを大量摂取したせいで全身が重く,台所まで水を取りに行くだけで体がふらつく.なにか食べるべきかと思ったが冷蔵庫は空.それから台所に行き水を飲んでは布団に戻り台所に行き水を飲んでは布団に戻るのを繰り返していると,死の予感がじんわりと滲んでくる.年に何回か,このまま寝たら餓死するのではという疑念にかられて恐慌状態に陥ることがある.今日は息も絶え絶えにコンビニまで歩いて解決.食事は好きだし,痩せの大食いというか胃下垂で,食欲旺盛なほうだとは思うんだけど,空腹感というものがあまりわからない.そのせいか,ときたま自分でも気づかないうちに数日間食事を抜いてしまう.なんだか空腹感のみならず,いろいろなセンサーが機能していないどころかはじめから存在していないような気がしている.内面とか.無根拠な自信があるかのように振る舞ったところで無根拠な自信は湧いてこないということ.わたくしといふ現象は仮定された有機交流電燈のひとつの青い照明です.走光性のように単純なヒューリスティクスの集積.


回復してきたのでメイドインアビス最新刊を読む.欲の強さが祈りが,姿を価値を規定し,呪いによって階層をなしていくという構図.だからこその奈落.信頼感しかない.ところで俺は自分が人間の形をしていることに納得していなくて,ブラッドボーンに出てくるメンシスの脳みそみたいな姿が適していると思っています.


洗濯機がないのでコインランドリーへ.乾燥を待ちながらCountdown to Zero Dayを読み進める.Stuxnetの事件を克明に追ったドキュメンタリーで,今年読んだ・読んでる本の中ではいちばんおもしろいです.そういう仕事をしているせいで,すでに知っていることも多く書かれているんだけど,インシデント発覚のトリガやその後の各社の対応,米国のインテリジェンスコミュニティ――それもサイバーセキュリティに特化した領域の内情を丹念に取材していて壮絶.脚注がメチャクチャ多いところもオタクっぽくて好印象.


コインランドリーの近くに銭湯があったので行きました.やる気のない番台.富士山の壁絵.目が覚めるような青色のタイル.ケロリン桶.はしゃぎまわる小学生たちとその祖父.なんだかすごく救われたような気がしました.日常のなかにある祝祭性.俺は東方Projectで異変や事件が収束したのちに神社で行われる宴会がメチャクチャ好きで,四季折々の景色を楽しみながら人間と人間が人間と妖怪が妖怪と妖怪が埋められない溝を抱えたままそれでもやっていくぞとなるやつでビチャビチャ泣いてしまうんですけど,銭湯にもそういうよさがある.わかるか? インターネットをやめて博麗神社で宴会したい.